アメリカン雑貨TRIP

見つけた"楽しい"を気まぐれにアウトプット!

私の人生を変えた映画その1

夜空を見上げるたびに思い出せ、、、Night Rider、、。

 

こんばんわ、どうも、トゥーカッターです。

 

 

休日に家でまったり映画鑑賞をするのも趣味のワタクシ

 

そうだ!好きなものはどんどん紹介しちゃえ!

映画も紹介しちゃえ!!

 

 

そう、今回はあの人気コーナー

芸術の秋の今にピッタリな

 

私の人生を変えた映画シリーズ 

 

 をお送りしたいと思います。

 

 

人生を変えたは言い過ぎかもしれません

 

人生に影響を与えた、くらいにしときます(笑)

 

 

私の人生の成分表と思って頂けたらと思います

 

 

本日の私の人生を変えた映画

コップランド

 

1作品目はシルヴェスター・スタローン主演

コップランド1997年アメリカ

 

 

主人公はフレディ・ヘフリン

町の保安官であり

ニューヨーク市警になる憧れを持ってはいたが

結局なることができず

 

生活に覇気はなく

体系もだらしなく

他の警察官の不正をも許してしまう、、

 

 

 

そんなクソみてぇな中年おやじ保安官を演じるのが

シルヴェスター・スタローンです

 

 

筋肉ムキムキのイメージのスタローンですが

この役の為に20キロ弱も太ったそうです

役作りへの情熱が伝わりますね!

 

 

仕事中は常にやる気がなく

近所のもめ事の処理やスピード違反の取締りなどの

くだらない仕事を死んだ目でこなし

身内である警察が起こした交通違反は見て見ぬふりと

毎日をのらりくらりと過ごす保安官

 

仕事が終わればヨレヨレのシャツを着て

夜な夜なバーで酒を飲み

だらしない体系でピンボールを楽しむ中年おやじ

 

 

バーでのシーンは哀愁漂いまくりでここは見ものです

一発でダメおやじだとわかる演技派スタローンを観ることができます。

 

 

人生を諦めてしまって生きている保安官

いわばロッキーと真逆の人生を歩む保安官

 

 

 

ボロクソに言ってますが、ふと自分自身の生活を思い返すと

この保安官と似たような人生を送っていることに気付かされます

 

 

 

 

しかし、後半、彼は変わります

 

 

 

散々クソみてぇな人生を満喫してきたフレディですが

身内である警察官の組織的な不正に立ち向かっていくんです!!

 

ここで立ち上がらなければ俺の人生はなんなんだ!!と。

 

もちろん周りからは何考えてるんだと馬鹿にされます

 

今までなにも出来なかった、してこなかった彼は徐々に変わっていきます

 

 

 

そして悪の温床にたどり着いた彼は

 

 

 

 

悪の根源である身内の警察官達を

ショットガンで次々ぶっ殺します

 

 

 

 

そんな覚醒した彼の姿からは

人生はいつからでも変えることができるんだ

という熱いメッセージをひしひしと感じ取れます

 

 

本当に素晴らしいヒューマンドラマですね

 

 

おわりに

 

「人生はいつからだって立ち上がることはできるんだ」

 

という強い希望を教えてくれる映画です

演技派スタローン作品、是非チェックしてみて下さい

 

予定のない休日にビールでも飲みながらまったり観るのがオススメです(笑)

 

 

このような感じで自由気ままに好きな映画紹介も楽しいですね

映画レビューというよりは、ただの「ゴリ押し」です

 

次回もお楽しみに

 

おわり